読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ファイル壊れる( ゚д゚)

同僚が作ってくれていたパワポ資料に昨夜コメントをいれた。

今朝、そのファイルが壊れていた。

バックアップデータは、壊れたものがバックアップされていた…( ゚д゚)

私のせいで…(´・_・`)と謝ると、人が壊したりはできない、パソコンのせいだと冷静に慰めてくれた。

なんて出来た人だ!

しかし20ページもあるパワポ資料を、2-3時間で作り直さないといけない…ただでさえ切羽詰まっているのに…。

オゥマイガー!!

野良猫と仲良しに

マンションの敷地内に住んでいる白黒ブチの野良猫。

人間を警戒しているのだが、あるとき急に甘えてきた。

それからは犬のように駆け寄ってきて、全身で甘えてくる。

ベンチに座ると、寄り添ってずっとゴロゴロ言い続ける。

寂しいのかな。

可愛いけど、どうしたらいいものやら。

優雅な連休の過ごし方

父と、帰省してきた姉と3人で、美術館に。

熊谷守一という画家の作品を鑑賞。

シンプルな線の中に力強さ、繊細さ、生命への敬意や愛が溢れている。

絵画に造詣は深くないのだが、とても惹かれる絵だった。

墨絵や書もあり、どれも心にしみるものだった。

 

そのあと先日も行った蕎麦屋で、松花堂弁当を食べる。

松花堂弁当といっても、弁当のようにだし巻き卵などのおかずが入ったお重のほかに、蕎麦豆腐やさくらえびのかき揚げ、せいろそば、好みの小盛り蕎麦(蕎麦がきやとろろ蕎麦など5種類ほどから選択)、蕎麦のパンナコッタなどがついて、素晴らしく充実。

ちなみにこんなに美味しい蕎麦がきは食べたことがないというほどうまい蕎麦がきだった。

なんと優雅な連休だったことよ。

きんようめし

誕生日を迎えた父と、帰省してきた姉と3人できんようめし。

前にも行った中華。

仔羊の十三香粉?焼きというのがしばらく食べていなかったが、久々に食べた。

ラムに十三香粉の香りや味が浸みて、付け合わせの芹のような葉の炒めたものが妙に美味い。

ほかはピータンアオリイカの葱山椒炒め、焼きナスと蒸し鶏の葱生姜和え、中国野菜八種炒め、酸辣湯、焼豚と葱の和え麺。いつも飲む中国茶の白牡丹。

 

革製品

靴、鞄、財布。

革製品がいろいろ傷んできている。

靴は甲高幅広なのと、好みがうるさいせいで、履きやすくてデザインも好きなものが1つしかなく、ここ何年も同じデザインのものを何度も買っていたが、ついに製造しなくなった!

鞄も傷んできたのに、欲しいものが見つからず、仕方なしに合皮の鞄を買ったがずっと探し続けていたが、これだ!というのが見つからない。

財布は11年前、ドイツに行ったときに帰りのフランクフルトの空港で当時財布が傷んでいたので、とりあえずと思って買った財布の使い勝手が異様によく、好みとはいえないが、機能に惹かれ、使い続けること11年。

ついに仕切りの布が破れてきたのだが、同じように高機能な財布がまるっきり見つからない。

世の中には、靴、鞄、財布、山のようにあるのに、なぜ好みのものがまるで見つからないのだ?

オーダーもしくは自分で学んで作るしか残された道はないのか?

障がいとは

障がい者ってなんだろう。

職場に、カテゴライズすると障がい者の人がいる。

小学生の頃に脳性まひかなにかで、片手が変形し、伸ばせないし、力も入れられない。

しかし彼は素晴らしい仕事をする。

しかも手を使わないといけない仕事で。

片手だけですごいスピードで正確に仕事をする。

障がいがあったからなのか、なくてもそうなのかわからないが、たぶん人の倍以上の働きをし、たくさんの人から信頼を寄せられている。

障がいってなんだろう。

たしかに人と違うことで受けるべき配慮もある。

でも性格に個性があるように、身体の個性のようなものでもあるのではないかと、彼を見ていると思う。

「障がい」という言葉をすぐに使ってしまうし、近ごろは大きな企業では障がい者雇用2%以上と数字で義務付けられている。

「障がい」という言葉の意味を改めて考えたい。

どよう昼メシ

友達とビストロでランチ。

カロンにフォアグラと奈良漬をはさんだアミューズ。マカロンが甘すぎるのだが、フォアグラと奈良漬は良い組み合わせ。贅沢をいうと、フォアグラがもう少しあればよかった。

選べる前菜は友達が野菜のテリーヌ、おぼんざめが豚のいろんな部位をゼリー寄せにしたもの。

選べるメインは、友達が牛ほほ肉の赤ワイン煮込み、おぼんざめが鴨のロースト。

選べるデザートは2人とも苺のミルフィーユ。

なかなかにうまかった。