地震予知猫

老いてなお、とても愛くるしいうちの愛猫。

地震の日の明け方、久しく上がっていなかった高い棚の上で鳴く、廊下を猛ダッシュする、嫌いな寒い場所でやいやい言うなどの奇行。

どうしたのかなぁと不思議に思っていたところ、ドン!グラグラ!!

きっと予知猫に違いない。

●●線最強説

雨が続いている。

先月は地震もあった。

出社するのに、交通機関の乱れや大混雑が…あれ?全然ない!

地震のときは、終日運休していた路線もあったのに、●●線はいち早く運行再開。

8時の地震からはや2時間ほどで再開にこぎつけた。

帰宅難民が続出するなか、●●線はがら空きだった。

今回の大雨でも、運休、徐行、間引き運転が多いのに、●●線は通常運行している。

混雑もどこ吹く風。

素晴らしい!

●●線最強説というのがあるらしい。

なるほどとうなずける。

 

 

悲しみを抱えた男

ケガ猫はいなくなった。

兄弟猫がいつも寂しげに鳴いていた。

寂しいのか、家人が見に行くといつも大きな声で鳴き、足元にまとわりつき、甘えてきた。

家人の足元にまとわりつくものだから、足元を見ずに歩いていて、うっかりと猫の足を踏んでしまった。

ギャッ!といって、逃げていった。

翌日、ニャーニャー言いつつ、遠巻きに眺め、近寄ると逃げて行く。

猫をこよなく愛する家人はいたく傷ついた。

怖かった記憶が薄まるまで、見に行かないと言ったが、10日ほどでまた見に行くようになった。

やっぱり近づいてこない。

猫を愛する男は心に傷を抱えて雄々しく生きていくのだ。

 

ケガ猫はどこへいった

右前足を負傷したケガ猫。

見なくなった。

もう2週間以上になる。

兄弟猫は見る。

ケガしたときに、足だけでなく内臓も負傷して、亡くなってしまったのか、はたまた心ある人が保護して養生しているのか。

兄弟猫は寂しそうで、毎夜大きな声で鳴いている。

野良猫の寿命は3-5年。

うちの愛猫はもう16年。

それほど外は過酷なのだ。

友人の七回忌

6年前に自殺した友人の命日が日曜日になったので、友人数名と墓参へ。

毎月の月命日には2時間かけて墓参にこられているというお母様とお話しする。

お母様いわく、6年前から時間が止まったままのようだと。

優しい人には生きづらい時代なのだろうか。

そうではない時代にならないといけないと強く願う。

 

諦めない男(愛猫編)

16年前からうちにいる、いつまでも子猫のような老猫。

腎臓を悪くして、食が細り、動物病院に通って点滴治療をしてもらっている。

おぼんざめが留守にしたとき、家人(諦めない男)に代わりに動物病院に連れて行ってもらうことになった。

当日愛猫は繭玉といういれものの中で寝ていたそうな。

家人が引きずり出そうとすると大暴れ。

以前、野良猫と家人の死闘の様子を、「うちの可愛い愛猫の暴れ方など比べ物にならない。」と書いたが、どうもうちの愛猫も死に物狂いで暴れたらしく、家人は手指の関節に近いところを数カ所噛まれたらしい。

また腫れてきたそうな。

家猫なので、破傷風菌はないとは思うが、まだ先日の破傷風騒ぎもおさまらないうちに、また噛まれ、腫れてきたらしい。

また抗生物質と痛み止めが必要になりそうだ。

猫をこよなく愛する諦めない男と猫たちの死闘は続く。

ケガ猫のその後

怪我をした野良猫は2晩保護し、兄弟猫の元に返した。

相変わらず仲がいい。

右前足も良くなってきて、ゆっくりだが四肢で歩けるようになってきた。

しかし前足をかばってあまり使わなかったからなのか、前足の背中周りの筋肉がごっそり落ちた。

良くなるのだろうか。

これからも見守っていく。